あの日からきょうまで、考えてること。

前記事でわたしがNEWS担になろうと決意したきっかけが「あの日」だったことを書いたわけだけど、あとから読み直したらただただ「シゲだいすき」としか書いてなかったことに驚愕したので、もう少しそのあたりに触れたかったのと、あれから今日までのことも整理しようかなと。

 

まず、前記事で触れた「U R not alone」について。たぶん一番最初にTwitterで検索してきて出てきた少プレで披露したものを聴いたんだけど、とにかくこの曲に心を、いや心臓をグワッと鷲掴みされたんですよ。歌詞がとにかくいい。そしてその歌詞に、4人の全力が乗っかってってるから、こんなわたしのところまで届いてるよ!聞こえてるよ!と。この日から今日までこの曲を何回聞いたかわからないくらい、大好きな曲になった(そしてもれなく泣くw)。ここから遡っていった結果が「NEWSいい!」そしてあの日の出来事に続いていくわけなんだけど、多分この曲を聴いた時点でわたしの心はもう決まってたのかもしれないなぁ。

 

あれからNEVERLANDのDVDをガン見したり(シゲアキさんが素敵すぎてけしからん!そのあたりもまた詳しく書きたい)ほかのDVDの購入計画を立てたり、NEWS担の方のツイートやブログを読んだりして楽しみはあるけれど、それにしても、なかなか毎日がしんどい。


一昨日発表されるはずだった味スタの当落が延期になったこと、その理由について、事務所の説明が仮に本当だとしても、これはもう状況からみて説明通りの理由ではないと推測されても致し方ない。小山さんがステージに立てるかどうかの検討期間なのか、はたまたコンの開催自体を危ぶむ声も俄かに聞こえてきている。ただこちら側としてはどういう理由であれ、待つしかない。もどかしいよね。

 

わたしはFCに入る前に味スタ発表があったので申し込みは出来なかったんだけど、もしご縁があれば味スタ入りたい。いや絶対入りたい(と旦那さんには既に子供をお願いした。まだチケットないのに早いなー、でも行く気なんでしょ?って笑われた。)だからもちろん、コンサートは開催してほしい。

でも今回、やるならメンバー(いや、増田さん以外には、と言った方がいいのかな)には過酷な状況になるんだろうなとも思う。こんなこと言いたかないけどさ、酷いメッセージ書いたうちわを出す人もいる気がする…。味スタ発表したとき、10周年の秩父宮の記憶を塗り替えたいってシゲは言ってたけど、正直この状態では塗り替えられないよね。ってかこんなで塗り替えたくないよね。

 

いろんな方のツイートやらブログやら読ませて頂いて、勿論いろんな意見があるというのは承知の上だったんだけど、脱退しろやら戻って来なくて良い、なんて言ってる人もいるし、増田さん以外は泣くなとか、笑うな反省しろとか言う人もいるし。いや、それは個人の感情だから否定はしないよ。どれが正しいなんてないし、どんなことをされてもファンがついてくと思ったらそれは大間違いだ。今回までじっと我慢してたのに、って人だっているはずだし、悲しすぎて攻撃的な意見ばかりを言ってる人も中にはいると思いたい。

 

だからこそ、そこに正解なんてないんだよね。

泣いて謝ったところで、なにも言わずにただ笑ってファンサしたところで、そこにいる全員を納得させることは到底無理なのかもしれないなって。どれが正解とかじゃない、もうそこは感情論だから。だから4人共、それぞれが思ったようにステージに立ってくれればそれでいいよ。わたしはそれを見届けたい。

 

小山さんの復帰時期だってそう。いつ帰ってきたって、叩く奴はどうせ叩くんだ。夕方仕事から帰ってきて娘を迎えに行くまでのほんの少しの時間、いつもevery.つけて「あ、今日も小山さん元気!」って確認するの、NEWS担になる前からやってたことだったんだよ。テレビつけて小山さんがいないの、寂しいんだよ。だから、だからわたしは待ってる。いいよお花畑でもなんでもさ。

 

って泣きそうになったところで、ヘッドフォンからポコポンペコーリャが流れてきたから癒された。プープープペポ!

 

あとね、やっぱり心配で。シゲのことが。

日々痩せてる気がするし、おっきなクマ隠しきれてなくて疲れている感じがある。ドラマの撮影が忙しいことももちろんあるんだろうけど、それだけじゃないよね。基本的に真面目で責任感が強い人だし、プライドもしっかり持ってる人だし、だからこそ完璧主義だから、小山さんがまだ出てこられてない今、自分ひとりが矢面に立たなきゃいけないことで気を張り過ぎて気持ちが潰れちゃわないかすごく心配してる。自分に失望してる、ってコメントしてたように、ぜーったい自分を責めてるだろうし。(ってかもう、わたしこれ書いてるだけで過呼吸になりそうなくらいしんどいんだけどw)いや、自分が蒔いた種なんだから仕方ないことぐらい百も承知、でもこれを言っちゃったらダメかもしれないけど…これって巻き込み事故みたいなとこ、あるよね?

 

とにかく、ちゃんと食べて、寝て、そして笑って。あなたのその笑顔で、笑える人が世の中にはいっぱいいるんだから。ねえ、笑ってよ。

 

こんなわたしの力ならいくらでも貸すから。一切引かないし、一切負けないんだよね?お願いだから負けないで!

あの日から、わたし、NEWS担になりました。

いや、まさかの このblogの最初の記事がこんな内容になるなんて、自分がいちばんびっくりしてる。

だってここ、すばるくんのことについて自分の気持ちを整理するために作った場所だったから。

 

まず前置きしておくと、わたしは9年来のeighter(丸山担)で。

そんなわたしが最初にあれ?NEWSいいんじゃ?って思ったのはかなり前のことで、チャンカパーナをリリースした頃だったと記憶してる。山Pと亮ちゃんが抜けた4人のNEWSがどんなふうになるんだろう、それこそ小山さんが言っていた「イチゴのないショートケーキ」がどうなるのかっていうクソ失礼な興味と、亮ちゃんがNEWSを脱退してエイトの活動に専念したというeighterの後ろめたさだけで見ていたわたしだったけど、いざ見てみると4人で歌ってることがすごーくしっくりきて。誰か1人(もしくは2人)がセンターにいるというわけでもなく、まさしく4人が対等に並んでいる感じがすごく好みだったんですよ。ひとことで言い切ってしまえば地味、だがそれがいい

 

わたし、昔っからいわゆる地味な脇役キャラが好きな奴で、グループもセンターに立ってキラキラしてる人には全く目がいかない。クラスで目立ってる人気者には全く興味がない。ほら、ドラマや漫画でよくあるパターンの、主人公の女の子に恋しちゃうんだけど、親友(勉強もスポーツもデキル人気者)も主人公ちゃんのことが好きなことを知って身を引いちゃう…っていう脇役の男の子いるでしょ、あれが大好物。とにかく地味なの、でもいい奴!みたいな。(ちなみにこの脇役くんは最終回で、主人公ちゃんの親友とくっつきます!ってベタな展開w)

 

話が逸れちゃったけど。こんな言い方は反感を買ってしまうのかもしれない。でも敢えて言わせて。あの頃の4人が、そんな脇役キャラにすごく被って見えて、ああいいな、こういうリスタート全然アリだな(わたし的にね)と思ったのだ。

 

中でも、加藤シゲアキ、君だよ君!はっきり言って加藤成亮時代をわたしはほとんど知らない。NEWSがデビューしてすぐ、バレーボールのイメキャラをやってた頃、誰だか忘れたけど女子バレーの選手が「加藤成亮くんが好きです」って話してて、ふーん加藤くんとやらがNEWSにいるのね、あーこれが加藤くんね、っていう記憶の次がもうチャンカパーナだよ!悪いか!わたしだって何年経ってるんだってつっこみたいよ!だけど、とにかくお顔が好みなんだよ。どこからどう見ても完璧。ガルフレが始まったのとチャンカパーナのリリースはほぼ同時期だったと思うんだけど、ちょ、こんなお顔がキレイな人がこの世の中にいたのか…とにかくお顔が好みだよ…そうかNEWSに…知ってたようで知らなかった…とにかくお顔が好みだよ…と思ってて。それで1年くらいはゆるーりと見守ってました。ゆるーりと。

 

じゃあ逆に何故、そこまで思っていたのにNEWSという沼に嵌まらなかったのか。それは、いわゆるパーナさん事件が大きかったのだと思う。(とシゲのナックルズもあったりするけど、まあこれはあまり触れずに置いとくw)

 

あの2013年の秩父宮、いや秩父宮は悪くないな、その後のネット上の騒動がわたしの中でどうしてもNEWS担のみなさんのイメージを固定させてしまって、どうしてもその中にいる自分が想像できなくなって、その結果ずっと一歩引いたところからNEWSを見守ることになった。

(ほんとうはあの日秩父宮でどんなことがあったのか、いろんな方のツイートやblogを読ませてもらって、わたしが誤解してた部分がたくさんあったことを5年越しに知った。ごめんなさい。)

 

そんなこんなでNEWS担になり損ねたわたしは、ただの加藤シゲアキのライトなファンのひとりになった。シゲが出てるドラマはひととおり観てきたし、既刊の本は全て読んでる。出演番組は細かくチェックはしないけど、気づいたら録画するか見る、エイトと一緒に出演する音楽特番は編集するときにNEWSの部分も消さずに残す、そんな日々。

 

でもあくまでわたしはシゲファンであって、シゲ担でもNEWS担でもなかった。NEWSとして活動している加藤シゲアキを、実はあまりよく知らなかったのだ。というよりNEWSのメンバーである、という部分をあまり知ろうとしていなかったのだと今となっては思う。

 

 

今年の4月、eighterにとってとてもとても大きな出来事が起こった。

渋谷すばるの脱退。

 

とにかくショックで打ちのめされて、ずっとぼんやりしていた。会見の翌日、奇しくも泥棒役者の舞台に当選しててグローブ座に行ったのだが、一緒に行った友達と顔を見合わせれば泣きそうになり、まあそれは複雑な気持ちでの観劇だった。

 

そんなとき、静岡のコンサート中に手越くんが「関ジャニ∞のファンの皆さんにU R not alone、1人じゃないと伝えてください」と言ってくれたことをツイッターで知った。わたしはU R not aloneという曲をその時にはじめて知ったのだが、とにかく曲を聴いて号泣したのを覚えている。配信日からにゅす恋をプレイしてたから(笑)それ以前よりもNEWS自体に興味が出てきてたこともあって(それまではシゲにしか興味がなかったと言ってもいい)、そこからいろんな情報を集めて、CDを聴いて、観られる限りの映像を見たら、わたしの中のNEWS熱が一気に上がった。

 

NEWS歌上手い!楽曲もいい!

アルバムもコンの構成も面白い!

そしてNEWSの中の加藤シゲアキもやっぱりステキだ!

好きだ!NEWSもNEWSの加藤シゲアキも両方好きだ!!

 

DVD何から買ったらいいのかなー、FCは今入ってももう味スタには間に合わないよなー、どうしようかなー、そんな恋の始まりのようなワクワク感を抱きながら、わたしはあの日、6/7を迎えたのだった。

 

いや知ってた、わたし一応他Gだけどジャニヲタやってる手前NEWSとNEWS担の皆さんの周りで起こったアンハッピーな出来事(音声、匂わせ、スキャンダル、チケット、とか)も聞こえてきてた。だから、知らなかった!そんな人だったの!?的なショックは全くなかった。でも、いざ活動自粛やら謝罪、ってのを目の当たりにしたら、言葉が何も出なかった。出てくるのは涙だけだった。

 

今までNEWSに関するスキャンダルやらいろんな話題を目にするそのたびに、NEWS担の皆さんはメンタル強いなー、あれメンタルがプチビット並みのわたしなら即死だな、っていつも思ってた。でもね、でも、なぜかこの日、というか厳密に言うとその翌日か、ビビットでのシゲの謝罪を見て思ったんだ。会社行く前にひと泣きし、夜は旦那さんと一緒に録画を見て泣きながら、

 

わたしが見たいのはこんなシゲじゃない!

 

と。

わたしがメンタルやられてる場合じゃなくない?わたしがこの人を応援しなくてどうするんだ!って。だって、わたしが好きなのはこんな地味なスーツで神妙な面持ちで立っている加藤シゲアキじゃない、(いやそれもまたお顔がキレイだ…と見惚れてしまったけど!)、わたしが好きなのはわちゃわちゃニコニコ笑ってるNEWSの加藤シゲアキじゃないか!って。

 

わからない、なんでこの時こう思ったかわからないんだけど、わたしはこの日、NEWS担になろう!NEWSのシゲ担になろう!と心に決めたのだ。

 

(ちなみにそのとき旦那さんに泣きながら「ねえ、わたしやっぱりシゲのこと好きだわ」ってはじめて告白したつもりだったのだが、旦那さんに「はあ?そんなの昔からじゃん!失恋ショコラティエだってシゲちゃんの出番少ない!とか言いながら見てたし、嫌われる勇気だってつまんないとか言いながら最後まで見てたじゃん、何を今更!」って大笑いされた。旦那さんのほうがわたしのことをよくわかってて、むしろ感動すらしてしまったこともここに特記しておきます。わたしが日々楽しくヲタ人生を歩んでいるのはこの寛大な旦那さんのおかげで、ほんと感謝しかない。)

 

メンタルちっちぇーわたしが、敢えてこの時期にここに飛び込むか!って自分でも思うよ。正直毎日泣いてるし気分が晴れない。感情がジェットコースターだよ。でも、それもちゃんとわかったうえで応援しようって決めたから。

 

今回のことで、ずっと応援していたNEWS担のみなさんは思うところがいろいろあると思うし、怒っている人もいれば悲しみに打ちひしがれてる人もいる。受け止め方は人それぞれだからどれも間違っていないと思う。わたしみたいな新参者に口出しされたくないって人もいると思う。

 

それでも敢えて言わせてもらうならば、自分が大好きな人を信じられなければ、待たなければ、自分の大好きな人や大好きな場所をを失ってしまうだけなのだ。めっちゃ自分本位だけど、わたしはそれがいちばん悲しい。

 

わたしはずっと、背中を押してくれる人を探していたのかもしれない。だからお願いです、崖ギリギリのところに立ってるのでどうかわたしを沼に落としてください。後ろから押してください。どんなことでもいい、私に彼らのことをもっともっと教えてください!



4人揃った姿が見られるのを待ってるよ。